2010年9月10日金曜日

ノート PC ”VAIO Z12” に Windows Server 2008 をインストール(その3, 最終回)


 前回は、実際に VAIO Z12(VPCZ1)Windows Server 2008 R2 をインストールする方法をご紹介しました。この方法で一番やっかいなのは、リカバリディスクから吸い出した各ドライバや VAIO 専用アプリのインストーラ(setup.exeなど)が格納されているフォルダ名が、何らかのコードのような表記(MODC-164679.no_51…など)になっており、インストーラを実行してみるまでは、その内容がわからないことです(関連するファイルをダンプして中身を確認する方法などもありますが、ちょっと玄人向けですよね) 。

 例えば、グラフィックコントローラのドライバだけをインストールしようとしても、リカバリディスクから吸い出し可能なインストーラは 200 個以上ありますので、そのインストーラを探し出すのは結構大変です。

 そこで今回は、リカバリディスクや VAIO サポートページを利用せずに各種ドライバ(※)を入手する方法をご紹介します。

(※) VAIO 専用アプリのインストールについては、リカバリディスクを使用するか、
   運良く VAIO サポートページ上にて提供されることを祈るしかありません(?)。

 ここでは例として、内蔵グラフィックコントローラのドライバを探してみます。



 1.デバイスマネージャを開く
  「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→ 「ハードウェアとサウンド」
  →「デバイスマネージャ」をクリックします。

  Image1

 2.グラフィックコントローラの Vender ID および Device ID を確認する
  グラフィックコントローラのドライバがインストールされていない場合は、
  OS 標準のグラフィックドライバが適用されるため、デバイスマネージャの
  「ディスプレイコントローラ」を参照すると、「標準 VGA グラフィック アダプター」と
  表示されています(※)。

  (※) ドライバ未インストールのデバイスに対して OS が標準でドライバを持っていない
     場合は、”不明なデバイス”のように表示されます。この場合もステップ 2 と同様に、
     Device ID および Vender ID を確認することができます。

  これを右クリックし、「プロパティ」→「詳細」タブ→「プロパティ」→「ハードウェア ID」を
  選択します。

  Image2

  ここで「値」の欄を確認すると、
  「PCI\VEN_8086&DEV_0046&…」のように記載されています。

   これは、このデバイスは「PCI 接続」であり、
   「Vender ID は 8086(16進)」
   「Device ID は 0046(16進)」
  であることを表しています。

3.グラフィックコントローラのベンダー(メーカー)とデバイスの情報を調べる
  ステップ 2 により、このグラフィックコントローラは PCI 接続であることが分かりました。
  そこで、PCI デバイスのデータベースサイト PCIDatabase.com に行ってみます。

  このサイトでは、Vender ID または Device ID をもとに、そのデバイスが
    何であるかを調べることができます。

  まずはトップページから、「Vender Search:」に Vender ID の 8086 を入力し、
  Search ボタンを押します。

  Image3

  すると、この ID のベンダーは Intel Corporation であることが分かります。
  さらに「Intel Corporation」をクリックすると、

  Image4

  Device ID 毎に、そのデバイスの概要が表示されます。

  Image5

  このページ内で Device ID である 0046 を検索してみると、 このデバイスは
  「Intel Graphics Media Accelerator HD」であることが分かります

  Image6

  同様に、Device ID からデバイスを検索することも可能です。
  トップページから、「Device Search:」に Device ID の 0046 を入力し、
  Search ボタンを押します。

  Image7

    すると、各ベンダーの Device ID が 0046 のデバイスがリスト表示され、Vender ID が
  0x8086 の場合は「Intel Graphics Media Accelerator HD」であることが分かります。 

  Image8

  インテルのように、沢山の製品を持つベンダーの場合は、Device ID で検索した方が
  目的のデバイス情報を見つけやすいかも知れません。 

 4.ベンダーやデバイスの名前から、デバイスの情報を検索して確認する
  PCIDatabase.com 上の情報はユーザーが報告したもので、必ずしも正確とは言えません。
  そのため、とりあえず Google で、
   「Intel Graphics Media Accelerator HD」 と
  検索してみます。

  現時点で検索トップの Wiki によると、正式な呼称は「Intel HD Graphics」のようなので、
   「Intel HD Graphics ドライバ ダウンロード」 と
  検索してみます。

  検索トップのページを参照したところ、めでたくドライバのダウンロードページ
  辿りつけました!

  Image9

 5.おまけ:USB 接続のデバイスの場合
  USB 接続のデバイスの場合も、PCI 接続のデバイスと同様にドライバを探すことが
  可能です。

  USB 規格では、Vender ID と Product ID によって USB デバイスの ID を管理しています。
  デバイスマネージャ上でこれらの ID を確認し、linux-usb.org などでデバイスの情報を
  検索することができます。


 この方法は、VAIO に限らず、どの PC でも試すことができます。ドライバの入手にお困りの際は、是非試してみてください。

 それにしても、メーカーがドライバや専用アプリをネット上からダウンロードできるようにしてくれれば、こんな苦労は必要ないのですけどね(このあたりを嫌って VAIO の購入を避ける人も少なからずいるのではないでしょうか? 良い製品なのに勿体ないことです…)。ダウンロード提供物に関する一切の責任は放棄してもらっても構わないので、サービスの改善を願っています。

 余談:インテルの PCI Vender ID が 8086 というのが面白いですね(笑)。
     以前に、PCI Vender ID の取得申請を行ったことがありますが、
     通常は、PCI の規格団体 PCI-SIG が割り当てる ID を使用することになります。
     PCI 規格を作ったインテルの特権といったところでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿